九州地域 環境問題キャンペーン
「海の男たちは山の男たちになった。」

大分県国東半島の杵築市。ここには希少生物の宝庫として知られる守江干潟があります。特に有名なのが、生きた化石「カブトガニ」。ところが、環境の変化によって、それらの生き物たちが減少し、漁獲量にも影響が出はじめました。そこで漁師たちがとった行動は、干潟を見下ろす山の上に木を植えること。山と川と海を一体と考え、自然の元気を回復させる取り組みです。この作品では、漁師たちの活動を通して、環境悪化の深刻さを伝えていきます。(引用:公共広告機構HP)

企画・制作

(株)西鉄エージェンシー(九州)、テレビ・ラジオ・新聞(九州地域)

下着と肌着のB-インナー肌着と下着の総合販売サイト!エコ素材の肌着やアウトレットセール商品など多数取り揃えています!オーガニックコットン靴下も取り扱っていますよ。是非一度ご来店を☆