さい帯血とは?

母親と胎児を結ぶさい帯と、胎盤の中に含まれる血液をさい帯血といいます。さい帯は出産後は不要となりますが、その血液中には骨髄と同様の、血液細胞を作り出すもとである「造血幹細胞」がたくさん含まれています。

帯血はどのような病気に?

さい帯血の中には、赤血球、白血球、血小板などをつくりだす細胞(造血幹細胞)がたくさん含まれています。そのため、白血病など重い血液の病気や遺伝病など、現在は骨髄移植により治癒可能な病気の治療に用いられています。

さい帯血移植とはどんな治療?

骨髄移植で必要なものは、骨髄液に含まれる「造血幹細胞」です。さい帯血はその造血幹細胞を多く含んでいますから、さい帯血を利用して、骨髄移植と同様の治療を行うことができます。さい帯血を用いて行う治療を「さい帯血移植」といいます(引用:日本さい帯血バンクネットワークHP)

下着と肌着のB-インナー肌着と下着の総合販売サイト!エコ素材の肌着やアウトレットセール商品など多数取り揃えています!オーガニックコットン靴下も取り扱っていますよ。是非一度ご来店を☆