目の不自由な人とは

全盲(目が全く見えない人)、弱視(ちょっと見えにくい人)。目の不自由な人は、日本では約30万人

目の見えない人への心

目が不自由というだけであとは何も変わりません。私たちと同じように生活している方がほとんどです。目が不自由だと、困難な事がたくさんあります。いろいろな情報が得にくい、外を安全に歩くことが困難だという事です。しかし、目の不自由な人でも文字を読み書きし、情報を得る事の出来る点字や、拡大した字があります。そして、目の不自由な人も、安心して、安全に歩く事の出来る「白杖(はくじょう)=白い杖」や盲導犬があり、助けてくれ、町の中にもいろいろと歩きやすいように工夫がされています。そう言った、環境を整える事で、健全者と同様な暮らしをしています。健全者は、目の不自由の人が困難に立ち向かっている時、危険な箇所に遭遇している時に近くにいたら、優しく手を差し伸べる勇気をもって接していきましょう。

下着と肌着のB-インナー肌着と下着の総合販売サイト!エコ素材の肌着やアウトレットセール商品など多数取り揃えています!オーガニックコットン靴下も取り扱っていますよ。是非一度ご来店を☆