怪我人(ケガ人)とは

ケガ人(怪我人)とは。骨、皮膚、筋肉に外傷のある人。→injured

病気とは

怪我(ケガ)とは・・・
1、あやまってからだに傷を負うこと。また、その傷。負傷。
2、思わぬ過ち。過失。損失。「慣れないことに手を出して―をする」
3、 思いがけない事態。不測の結果
ケガの種類:傷(きず)、傷口、手傷、深手、浅手、痛手、生傷、切り傷、擦(す)り傷、擦(かす)り傷、靴擦れ、打ち身、打撲傷、挫(くじ)き、霜焼け、火傷(やけど)、負傷、重傷、軽傷、凍傷、火傷、擦過傷、捻挫(ねんざ)、脱臼(だつきゅう)、骨折など

怪我(ケガ)人への心

前1、2、3のケガを持つ人は、生死に関わる大きなケガ、生死に関わる事の小さなケガ、と言った生死に関わる関わらないに関係なく、周囲よりも本人が一番苦しんでいます。ケガ人は、自らの力行動する事が困難で、自らの力行動できる外傷がない者が、同じような自らの行動を強要したり、そのような事を望む事は、ケガをしている人にとって、身体の苦痛以外に、心の苦痛を与えてしまう事になります。ケガの大小はともかく、ケガの人は、ケガで苦しんでいるのだと、理解し、暖かい優しい労わりの行動と心で接しましょう。

下着と肌着のB-インナー肌着と下着の総合販売サイト!エコ素材の肌着やアウトレットセール商品など多数取り揃えています!オーガニックコットン靴下も取り扱っていますよ。是非一度ご来店を☆