子供とは

子供とは、年のいかない幼い者。児童。小児。→child (複数children)。類語:幼年、少年、少女、小人、小児、子女、児童、年少者、少国民、未成年。反対語:大人。

幼い子供とは

乳児とは・・・生後1年ころまでの小児。乳で育てられ、歩きだすまでの時期の子供。
幼児とは・・・乳児期以後、満6歳の学齢に達するまでの時期。自己中心的な思考、直観的な思考、自我意識の芽生えなどが特徴。
児童とは・・・心身ともにまだ十分発達していない者。子供。特に、学校教育法で、満6〜12歳の学齢児童。

幼い子供への心

乳児期や幼児期の後半の子供は、自らの意思や力で行動する事や判断する事ができず、全ての子供は衣食住を自ら得る事が困難です。その為、主意の環境によって、子供の成長を見守ってあげなければなりません。しかし、今日日本に籍をおく子供に対しては、最低限の補償がある為に子供は守られている所があります。しかし、一歩日本を出れば、幼い子供に十分な環境が与えられていないのが現実です。そして、現日本国においても、十分な愛情が注ぎ込まれていない現状もあります。自らの意思や力で、成長できないからこそ周囲が暖かい心をもって接しなければ、また与えなければいけません。年の行かない幼い者には、優しく大きな愛情を注いでいく心をもちましょう。

下着と肌着のB-インナー肌着と下着の総合販売サイト!エコ素材の肌着やアウトレットセール商品など多数取り揃えています!オーガニックコットン靴下も取り扱っていますよ。是非一度ご来店を☆